株式会社アプリネット

ホーム > 採用情報 > 社員インタビュー

社員インタビュー

ふきだしS・D(男性) 10年目 証券システム保守・開発

ふきだしF・S(女性) 14年目 銀行システム保守・開発

ふきだしN・R(男性)  4年目 銀行システム保守


似顔絵

S・D(男性)
業務経験年数:10年
作業中業務 :証券システム保守・開発
血液型   :A型
趣味    :ゲーム、野球観戦
入社理由
私がこの業界を目指すきっかけとなったのは、小さい頃からゲームが好きで、ゲームをプレイしている内に、 これらがどのような仕組みで動いているのか興味を持ったという些細なことがきっかけでした。 社会全体で情報化が進む中で、身近なところにシステムやアプリケーションが多く取り入れられていることを知り、 よりプログラミングへの興味が強くなり、それに携わる仕事がしたいと思いこの業界に入りました。 就職活動で福島県内のIT企業を探している中で、アプリネットという会社の存在を知りました。 この職場では、組織としての調和を保ちつつ各社員の能力や個性の尊重するという経営方針の掲げており、 会社説明を通して自分の好きなこと・得意なことに対してスキルを高められると感じ、入社を決めました。

仕事内容
【これまで経験してきた業務内容】
人事システム保守、カーナビの評価業務を経て、現在は証券系のシステム開発・評価・保守をしています。 開発は設計書を基にプログラミングを行う、評価は出来上がったプログラムを実際に動かし問題が無いか厳格な試験を実施する、 保守は稼働しているシステムのメンテナンスや、機能の追加・変更、不具合の改修等を行うのが主な作業です。 証券系のシステムは、株式や先物など1日に数万〜数十万件の注文を処理するシステムの為、不具合を出さないことはもちろん、 性能面(処理速度)も意識したシステムの構築を心がけています。
【これまで使用した言語…+大学で学んだことが…】
業務ではC言語を主に使用しています。私は学生時代にC言語を学んでいましたが、 業務で実際に触れるプログラムはより複雑で高度な内容になっており、現在も日々学ぶことが多いです。 私の場合は1からプログラムを組むよりも、既存プログラムの改良をする機会が多くあります。 他の方が書いたソースを読み解くのは意外と難しいので、学生のうちに自分でプログラムを組む事はもちろん大事ですが、 いろいろなソースコードを読み理解する訓練をする事も大切だと思います。 複雑なプログラムでも基本的なコードの積み重ねであり、基礎をしっかり身に着けていれば少しずつでも必ず理解する事ができるようになります。 今の仕事を通して、基礎が重要であることを改めて実感しています。
【仕事のやりがい】
自分が設計・開発に関わったシステムが本番リリースを経て、業務運用で想定通りに動作することを見届けた時に達成感と安心感を感じます。 証券系のシステムともなると大きな責任が伴う作業もありますが、その分、リリース後に多くのお客様に利用して頂いている様子を目にすると、 自分のプログラムが社会に貢献できていることを実感でき、この仕事にとてもやりがいを感じています。

似顔絵

F・S(女性)
業務経験年数:14年
作業中業務 :銀行システム保守・開発
血液型   :A型
趣味    :ひとりカラオケ
入社理由
福島県内でソフトウェア開発を行っている会社を探していたところ、大学の学生課で教えて貰いました。 人数は少ないのですが、アットホームな感じが自分に合っていた為、決めました。 実際、先輩方は気さくで面白い方が多いので、入社してよかったと思います。

仕事内容
【これまで経験してきた業務内容】
企業や工場向けのシステム、カーナビ、監視カメラ、監視カメラの映像解析システム等、 様々なプログラムの開発に携わっています。 開発期間が数か月と短いものが多く、頭の切り替えが大変ですが、その分様々な言語や知識の習得が出来ました。
【使用した言語や技術等】
C言語、C++、C#、VB6、VB.NET、ASP.NET、SQL、LabView等、業務に携わることで様々な言語を習得しました。 これから習得したい言語は、英語ですかね(笑)
【大学で学んだことが、どのように活かされているか】
大学ではC言語の基礎を中心に学びました。 業務で作成するプログラムは大学で作成していたプログラムより複雑で、慣れるまでが大変でしたが、 大きなデータを扱う際のメモリ使用やポインタの考え方など、基礎がしっかり身についていたので応用がききました。 また、C言語が身についていたので、大学では学んでいないVBやC#などの言語についても習得に時間がかかりませんでした。
【仕事のやりがいや、よかったこと(わるかったこと)等】
プログラムを作成する際、作業が思うように進まなくなり、気持ちに余裕がなくなってしまうこともありますが、 完成したシステムがうまく動作した時の喜びも一入です。 最近では、きれいなコードが書けた時にジグソーパズルがぴったりはまった時のような達成感を感じます。 まぁ、この業界なので・・・残業は多少ありますけどね( *´艸`)

似顔絵

N・R(男性)
業務経験年数:4年
作業中業務 :銀行システム保守
血液型   :O型
趣味    :映画鑑賞
入社理由
近年は情報が急速に移り変わり、新しい技術が次々と開発されていきます。 そういったITに着いていくためにこの業界を選びました。 本社は外部に出て作業を行うことが殆どとなるため、様々な場所で情報や技術を取り入れながら作業を進めることができると思い入社しました。 大学ではにITについて学んでいたので、その技術を活かした仕事に携わりたかったということも理由の一つです。 大学での勉強と実際の仕事とでは差があり、初めての作業が多く戸惑うこともありましたが、基礎的な部分は理解していたので比較的スムーズに導入できたと思います。

仕事内容
【これまで経験してきた業務内容】
現在は銀行でシステムの維持保守に当たっています。主な作業の内容としてはお客様が業務で使用するシステムの構築や管理、メンテナンスがあります。 お客様の業務に直結する環境で作業することが多いので、緊張感がある作業現場です。 聞きなれない用語が多く、配属当初は担当するシステムの仕組みを理解するの苦労しました。 作業はプログラムや機能の追加だけではなく、サーバの追加など大きなシステムの構築に関わることもあります。 自分の作成したシステムが実際に稼働し始めるのを見るとやり甲斐を感じます。 また、お客様の顔を直接見ることができるので、担当した作業や作成物を喜んでいただいたときは、次もまた頑張ろうというモチベーションが上がります。 覚えることが多く、次々と新しい懸案が上がる現場ではありますが、より多く柔軟に対応できるように勉強しながら日々作業にあたっています。
【大変だったこと】
まず、テキストを作成する機会が意外と多いことに驚きました。お客様に提出する資料を作成することもあるのですが、 他人が読んでも分かりやすいテキストを作成するのが難しく、指摘を何度も受けました。 提出しない資料であっても、作業の手順書など他の方も使用する資料を作成する場合もあります。 現在でも完璧なテキストを作成することは難しいですが、作成直後と少し時間をおいてからで二段階の見直しをすることで、少しでもわかりやすいテキストを作れるように努力しています。 また、会話にも苦労しました。元々会話が得意な方ではありませんでしたが、話の要点を伝えられず会話が長引いてしまったり、 聞きたいことが聞けずに終わってしまうということもありました。 しかし、状況や過程を最初に説明してから聞き出したいことを伝えていたので、要点が分かりにくくなっていることに気付きました。 そこで、まず結果や問題点を会話の導入に伝えるようにしました。未だに会話に苦手意識はありますが、最初に比べれば改善できたと思います。 会話はコミュニケーションの基礎であり、仕事を続けていく上で関わる人も増えていくので、要点の伝わりやすさを意識した話し方を心がけていきたいです。